日々の天気

【歴代4位】2022年台風14号まとめ①【非常に強い勢力で上陸】

今回は、2022年台風14号の「経路・強さ・大きさ」についてまとめます。

台風14号は一時的に「猛烈な勢力」まで発達し、その後は「非常に強い勢力」で鹿児島県に上陸。

どれくらい記録的な台風だったのか解説するので、ぜひ参考にしてください。

2022年台風14号まとめ

  • 強い→非常に強い→猛烈な 台風に発達
  • 中心気圧の最低値は910hPa
  • 中心付近の最大風速は最大55m/s
  • 「非常に強い勢力」で鹿児島県に上陸
  • 上陸時の中心気圧は935hPa(歴代4位)

台風14号の「経路・強さ」

はじめに台風14号の発生から消滅について見ていきます。

台風14号は9月14日3時に発生し、発達しながら進みました。

2022年台風14号経路

台風14号は、強さのレベル3段階のうち最も強い「猛烈な台風」まで発達。

九州付近での経路図は以下です。

2022年台風14号経路

9月18日13時半ごろに屋久島を通過。(島や半島の場合は「上陸」にならないので「通過」です。)

9月18日19時ごろに鹿児島市に上陸しました。

上陸時の中心気圧は935hPaで、気象庁の統計データがある1951年以降、4番目の低さです。

上陸時(直前)の中心気圧が低い台風
上陸時の中心気圧ランキング

上陸後は九州の陸地を北上し、いちど有明海に出たあと、9月19日3時ごろに福岡県柳川市に再び上陸しました。

2022年台風14号経路

さらに関門海峡を通って中国地方を進みました。

台風が関門海峡付近を通った場合は、山口県は九州と一体とみなして、「上陸」ではなく「通過」とするそうです。(ウェザーマップ調べ)

いちど山陰沖に出たあと、9月19日16時半ごろに島根県出雲市に再び上陸。

再上陸とはいえ、島根県に台風が上陸するのは初めての出来事です。

島根、鳥取を進んだあと、さらに日本海を東進。

2022年台風14号経路

能登半島の辺りを通って、9月20日4時過ぎに新潟県新潟市に再び上陸しました。

そして9月20日9時、三陸沖で温帯低気圧に変わりました。

台風14号の「大きさ」

2022年9月17日09時の雲画像

台風14号の大きさは、「超大型」にはなりませんでしたが、「大型」の台風になりました。

「大型の台風」とは、強風域(風速15m/s以上)の半径が500km~800kmの台風のことです。

日本地図にのせてみると、近畿から東北地方くらいまでの大きさがあります。

台風14号が九州を北上しているとき、

  • 強風域(風速15m/s以上)は西日本
  • 暴風域(風速25m/s以上)は九州

を覆っていました。

2022年9月18日21時推定の台風情報

台風14号は、大型の台風として日本に接近・上陸したため、広範囲に影響が出てしまいました。

台風14号による雨や風の記録は、以下の記事にまとめています。

こちらもCHECK

【特別警報】2022年台風14号まとめ②【線状降水帯】

続きを見る

<参考>
・「上陸時(直前)の中心気圧が低い台風」は気象庁HPのデータを元に作成
台風位置表(令和4年台風第14号)

-日々の天気