天気の話

熱中症の危険度をあらわす「暑さ指数」とは

天気予報で「暑さ指数」って言ってるけど、暑さ指数ってなに?気温とは違うの?

暑い時期になるとテレビで聞くようになる「暑さ指数」。

単位が「℃」であることもあって、気温と混同してしまうかもしれません。

しかし、「暑さ指数」は熱中症の危険度を表す指数であり、気温とは異なります

この記事では「暑さ指数」について解説していきます。

[toc]

暑さ指数とは

「暑さ指数」は、熱中症を予防する目的で作られた指数です。

湿球黒球温度(Wet Bulb Globe Temperature(WBGT))ともいいます。

「暑さ指数」は以下の式で計算されます。


※暑さ指数の計算式は上記以外にも色々あります

輻射熱とは、建物や地面から放射される熱です。

式を見ると「湿度×0.7」なので、湿度の影響が7割もあります。

気温の影響は1割なので、気温より湿度の方が影響が大きいことがわかります。

暑さ指数と熱中症の危険度

暑さ指数が何℃以上になると、熱中症の危険度が高くなるのでしょうか。

環境省が示している指針はこちら。


実際に東京都の「熱中症による救急搬送者数」と「暑さ指数」を見てみます。

搬送者数が多い順に10日間を見てみると、以下のようになります。

日付 搬送者数(人) 暑さ指数(℃)
8月2日 367 33.4
8月1日 363 34.1
8月3日 329 32.9
8月7日 280 32.9
7月31日 259 32.5
日付 搬送者数(人) 暑さ指数(℃)
8月6日 230 33.2
8月8日 228 32.9
8月5日 224 31.8
8月4日 221 31.8
7月30日 209 32.7

■データ元
暑さ指数(WBGT)の実況と予測「過去データ」(環境省HP)
熱中症情報 救急搬送状況(総務省消防庁HP)


すべて暑さ指数が31以上の【危険レベル】であることがわかります。

熱中症対策を考えるときには「暑さ指数」が大きな目安になりそうです。

暑さ指数の確認方法

暑さ指数は環境省のホームページで確認することができます。

見たい地点をクリックしていくと、時間ごとの暑さ指数を確認することもできます。


ぜひ一度、自分の住んでいる地域の暑さ指数を確認してみてください。

-天気の話