気象予報士

気象予報士試験のおすすめ問題集・参考書

気象予報士試験の勉強をしたいけど、何から手を付けていいかわからない!
おすすめの問題集や参考書ってどれなんだろう?

このように考えている人に向けて、おすすめの問題集と参考書を紹介します。

参考書や問題集はいろいろ買っていましたが、その中でも特に良かったものを絞って書いていきます。

気象予報士に興味がある人はぜひ参考にしてください。

学科(一般)の参考書

おすすめの参考書は2冊あります。

図解入門 最新気象学のキホンがよ~くわかる本

いちばん使っていた参考書は「図解入門 最新気象学のキホンがよ~くわかる本[第3版]」です。

イラストが多く、初心者でも理解しやすい内容になっていると思います。

Googleの書籍検索で試し読みができるので、ぜひ中身を確認してみてください。


一般気象学

物理や数学に抵抗がない人は「一般気象学 第2版補訂版」もおすすめです。

数式やグラフが多いため難しく感じるかもしれませんが、気象の仕組みを本質から理解したいときは、とても役立つでしょう。

わたしは気象の仕事を始めてからも、辞書のように使っています。

気象関連の勉強や仕事をする人は、持っておくと便利な本です。


学科(専門)の参考書

おすすめの参考書は1冊です。

気象予報士かんたん合格テキスト〈学科専門知識編〉(らくらく突破)

参考書のなかで最も内容がまとまっていると感じたのが「改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉 (らくらく突破)」です。

気象予報士試験に焦点を当てて解説してあるので、試験に直結する勉強ができます。


学科の問題集

学科試験の問題集は、一般と専門の両方が載っているものが多いと思います。

何冊か買って、たくさん問題を解くのもいいでしょう。

わたしは3冊買って解いていましたが、今回は現在も発売されている問題集を1冊紹介します。

気象予報士試験 精選問題集

過去問のうち特に重要な問題をピックアップしたのが「気象予報士試験精選問題集(2021年度版)」です。

気象予報士試験は、過去問と同じ内容の問題が出題されることも多いため、過去問はたくさん解くことをおすすめします。


実技の参考書&問題集

実技は、参考書と問題集が1冊になったものを使っていました。

気象予報士かんたん合格テキスト〈実技編〉(らくらく突破)

参考書を読んで、すぐに問題を解いてみたいときは、「気象予報士かんたん合格テキスト 〈実技編〉 (らくらく突破)」がおすすめです。

前半は「基礎知識」や「天気図の読み方」など、参考書になっています。

後半は「テーマ別事例演習」が載っていて、「低気圧」や「台風」といったテーマごとに問題と解説があります。


実技試験は「気象予報士かんたん合格テキスト〈実技編〉(らくらく突破)」のほかに、気象業務支援センターの過去問を印刷して解いていました。

過去問でわからない問題は、過去問を解説しているWEBサイトなどを探してみましょう。

-気象予報士